香酢でダイエット? 香酢.com

スポンサードリンク

香酢とダイエット効果

香酢にはダイエット効果があるといわれています。香酢には、クエン酸リンゴ酸そしてコハク酸などの有機酸が含まれています。これら有機酸は、脂肪、炭水化物、タンパク質などのエネルギー代謝においてもっとも重要な、クエン酸サイクル(TCA回路)の働きを促進し、新陳代謝を高め、ダイエット効果が期待でき、疲労回復を早めます。



香酢には、アミノ酸のヒスチジンが米酢の約15倍含まれています。ヒスチジン (histidine) は、必須アミノ酸のひとつで、脳に運ばれるとヒスタミンに変化します。ヒスタミンは、鼻づまりの原因物質で、花粉症などのアレルギー症状を引き起こすことで知られていますが、脳内では、満腹中枢を刺激して過食を防ぐ作用があります。



香酢を摂取するとヒスチジンが、血液によって脳に運ばれ、脳内で変換酵素(ヒスチジン脱炭酸酵素:HDC)によりヒスタミンに変化し、満腹中枢の一つであるヒスタミンニューロンに作用すると考えられています。



ヒスタミンは、さらに、交感神経を刺激して、肝臓などでの脂肪の代謝を活発にする作用があります。したがって、脳内にヒスタミンが充分に存在することはダイエットには有効なことといえます。



ヒスタミンを脳内に増やすには、咀嚼することも効果的とされています。また、ヒスタミン、そのものを摂取しても脳の血液脳関門を通過することが出来ないために、血液脳関門を通過できるヒスチジンを香酢で摂取することは、効果が高いといえます。



香酢に含まれる酢酸は、肝臓での脂肪の吸収を抑制する働きがあります。さらに、アルギニンリジングルタミン酸を含んでいますが、これらは、脳下垂体の成長ホルモンを刺激し、脂肪細胞中の体脂肪を分解し血液中に遊離脂肪酸として放出するのを促します。



脂肪分を細胞の燃焼する場所まで運ぶのがカルニチンです。カルニチンは、香酢に含まれるアミノ酸のメチオニンリジンから作られます。カルニチンで運ばれた脂肪分はさらに小さな物質になり、クエン酸サイクルに取り込まれます。



そして、香酢に含まれる、アラニンアスパラギン酸は、クエン酸サイクルの大切な構成物であるオキサロ酢酸へと変換されることで、クエン酸サイクルが円滑に行われ脂肪の燃焼が促進されダイエット効果が得られます。



また、香酢とトマトジュースを一緒に摂るとダイエット効果が高まるといわれていますが、トマトには京都大大学院農学研究科の河田照雄教授(食品機能学)らの研究グループにより脂肪燃焼作用を持つ「13-oxo-ODA」という物質が、多く含まれていると報告されています。



香酢は、ダイエット効果が期待できますが、さらに、トマトジュース150mlに大匙一杯の香酢を加えて朝晩、食前に飲むことで、より高いダイエット効果を期待できそうです。



香酢の効能 / 香酢と痛風 / 香酢と貧血予防 / 香酢と脂肪肝予防 / 香酢と血行改善効果 / 香酢と精力回復 / 香酢と糖尿病 / 香酢と美肌効果 / 香酢と高血圧症 / 香酢とダイエット効果 / 香酢と冷え性 / 香酢と疲労回復 / 香酢とがん / 香酢でしっとり肌? / 香酢で便秘解消? / 香酢でダイエット? / 香酢は肩こりに効果あり?








香酢でダイエット?

香酢は穀物酢ですから酢酸が豊富です、そしてこの酢酸は香酢の酢酸効果で述べたように肝臓での脂肪の吸収を抑制する働きがあるんです。つまり食べても脂肪を身体に溜め込まない作用をするんデス。まず、食べても身体に余分な脂肪を溜め込まないのがいいですよね!後は、適度な運動です。


ダイエットには、運動は、避けて通れません。でもここでもいい話、香酢は色々なアミノ酸が含まれています。例えば、アルギニン・リジン・グルタミンがあります。これらは、脳下垂体の成長ホルモンを刺激し、脂肪細胞中の体脂肪を分解し血液中に遊離脂肪酸として放出するのを促します。こうして、放出された脂肪酸は肝臓や筋肉で燃焼されエネルギーとなるわけです。


また、交感神経を刺激して活発化すると全身が活性化してエネルギーを多く作り出そうとします。その代表は、コーヒーなどに含まれるカフェインや唐辛子に含まれるカプサイシンですが、アミノ酸のヒスチジンも大きな力を持っているんです。


ヒスチジンから作られるヒスタミンが交感神経を活性化してエネルギーを作り出す作用を促します。そして、香酢には、ヒスチジンが米酢の約15倍含まれているんです。体脂肪が使われやすいようにヒスチジンが血液中に体脂肪を放出するのです。脂肪分を細胞の燃焼する場所まで運ぶのがカルニチンです。


カルニチンは、香酢に含まれるアミノ酸のメチオニンとリジンから作られます。カルニチンで運ばれた脂肪分はさらに小さな物質になりクエン酸サイクルに取り込まれます。そして、香酢に含まれる、アラニン・アスパラギン酸は、クエン酸サイクルの大切な構成物であるオキサロ酢酸へと変換されることで、クエン酸サイクルが円滑に行われるのを助けます。


香酢だけではなく、酢を使用したダイエットは色々紹介されています。バナナ酢ダイエット・りんご酢ダイエット・きび酢ダイエット・しそ酢ダイエット・もろみ酢ダイエット。これらの理屈はおそらく、上述のものと、大差ないと思われます。それと、ダイエットに有効な摂取量ですが、食事ごとに大匙1杯がおススメです。例えば、やずやさんのカプセル入りは、おそらく、製造上の関係で酢酸が少ないですからカプセルのほかに、米酢でいいですから、大匙1杯摂られることをおススメします。



香酢の効能 / 香酢と痛風 / 香酢と貧血予防 / 香酢と脂肪肝予防 / 香酢と血行改善効果 / 香酢と精力回復 / 香酢と糖尿病 / 香酢と美肌効果 / 香酢と高血圧症 / 香酢とダイエット効果 / 香酢と冷え性 / 香酢と疲労回復 / 香酢とがん / 香酢でしっとり肌? / 香酢で便秘解消? / 香酢でダイエット? / 香酢は肩こりに効果あり?

スポンサードリンク


香酢 最新一覧 By 楽天










×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。