香酢とチロシン 香酢.com

スポンサードリンク

香酢とチロシン

香酢は、アミノ酸のチロシン(tyrosine)を含みます。チロシンは、体内で合成できる非必須アミノ酸で、体内では必須アミノ酸のフェニルアラニンから合成されます。



チロシンは、神経細胞の興奮や抑制を伝達するアドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質の原料となることから、集中力を高めたり、ストレスや疲労を緩和する効果があります。



ドーパミンは、脳を興奮状態にしてやる気を起こさせ、ノルアドレナリンは、脳を緊張状態にし集中力を高めることから、これらが脳内で不足すると、無気力や無関心を引き起こし、うつ病となります。



チロシンはドーパミンやノルアドレナリンの材料となるとともに、うつ状態のときには脳内のチロシンの濃度の低下が確認されていることから、チロシンの摂取は、うつ症状を改善する効果があるといえます。



さらに成長を促進したり、代謝や自律神経の調整を行う甲状腺ホルモンの材料にもなります。甲状腺ホルモンは、細胞の生まれ変わりを促進するので、子どもの成長には欠かせないホルモンであることから、チロシンの摂取は重要であるといえます。



ところで、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されると、交感神経が刺激されるため、動悸や手の震えが起こり、逆に甲状腺ホルモンが不足すると身体の代謝が正常に行われなくなり、集中力の低下やむくみ、心筋梗塞の要因となる動脈硬化や高脂血症を誘発するコレステロール値の上昇などを引き起こすとされています。



また、チロシンは、髪の毛や皮膚の黒色色素であるメラニン色素の原料となることから、白髪を予防する効果も期待されています。


香醋 最新一覧 By 楽天



香酢とアミノ酸 / 香酢とバリン / 香酢とロイシン / 香酢とイソロイシン / 香酢とリジン / 香酢とメチオニン / 香酢とフェニルアラニン / 香酢とスレオニン / 香酢とヒスチジン / 香酢とシスチン / 香酢とチロシン / 香酢とアルギニン / 香酢とアラニン / 香酢とアスパラギン酸 / 香酢とグルタミン酸 / 香酢とグリシン / 香酢とプロリン / 香酢とセリン

スポンサードリンク


香酢 最新一覧 By 楽天










×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。