香酢とカフェ酸 香酢.com

スポンサードリンク

香酢とカフェ酸

香酢には、カフェ酸(caffeic acid)が含まれています。カフェ酸は、コーヒーに含まれるポリフェノールとして知られています。コーヒーの深い香りや色は、このカフェ酸によるといわれています。



カフェ酸は、クロロゲン酸から分離されたもので、リラックス効果やガンを予防する効果、動脈硬化を抑制する効果を持っているといわれていて、クロロゲン酸よりも高い抗酸化作用を持つとされています。



香酢には、カフェ酸以外にも水溶性フェノール類が存在するとされ、フェルラ酸、シナピン酸、バニリン酸、プロトカテク酸、p-ヒドロキシ安息香酸、クロロゲン酸、p-クマル酸,シリンガ酸などがあげられています。



これらの活性酸素除去能(SOD活性)の高さは、カフェ酸>クロロゲン酸>プロトカテク酸>シリンガ酸>バニリン酸>フェルラ酸>シナピン酸>p-ヒドロキシ安息香酸>p-クマル酸の順になるとされ、カフェ酸は、これらのなかでは、もっとも活性酸素除去能(SOD活性)が高くなります。



しかも、ポリフェノールは、複数を組み合わせると単独の活性酸素除去能(SOD活性)よりも高い活性酸素除去能(SOD活性)を示すとする報告があります。



香酢の高い抗酸化作用は、複数のポリフェノールを含んでいることも要因のひとつと考えられます。



香醋 最新一覧 By 楽天



香酢とポリフェノール / 香酢とカフェ酸 / 香酢とクロロゲン酸 / 香酢とバニリン酸 / 香酢とフェルラ酸 / 香酢とシナピン酸

スポンサードリンク


香酢 最新一覧 By 楽天










×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。