香酢の酢酸効果 香酢.com

スポンサードリンク

香酢の酢酸効果

香酢や黒酢そして米酢は、その酢酸によって酢酸効果とも呼ぶべき効果を発揮します。例えば、梅干やもろみ酢は、その主成分であるクエン酸によってクエン酸サイクル効果を得ることで疲労回復に効果を発揮しますが、同様に、香酢や黒酢そして米酢は、その主成分である酢酸によって酢酸効果とも呼ぶべき効果を発揮するのです。



酢酸効果というのは、酢酸を糖分と共に摂取すると運動によって消耗されたグリコーゲンの再補充が促進されてより疲労回復が早まることをいいます。ですから疲れた身体には香酢は効果があるわけです。疲労は早くに回復させるに越したことはありません。



香酢の酢酸の効果には、高血圧の人の血圧を下げるというのもあります。酢酸が血管に入るとその細胞のエネルギーとして使われアデノシンを作ります。そのアデノシンが血管の壁に張り付いて結果、血管を拡張させて、血圧を下げます。しかも、この効果は、血圧の正常な人や低血圧の人には働きません。



そして、この効果を得るには1日750ミリグラム、一般的な米酢では、おおよそ、大匙1杯分が必要とされています。香酢の場合は含む量が若干少ないので少し多めの量が必要ですが、ただし、この方法は、常にアデノシンを作り続けなければならないので、毎日酢を摂らなければなりません。毎日香酢を摂りましょう。



さらに、最近の研究では、酢酸は、肝臓での脂肪の吸収を抑制する働きがあることがわかってきました。肥満の方、メタボリックシンドロームの心配の方、ダイエットをお考えの方には、朗報ではないでしょうか?



毎日の香酢で、活力と健康を得られるかもしれません。でも、酢ですから、胃が荒れないように例えば、原液を飲む場合は数倍に水で薄めて飲むなどの配慮は必要です。健康の為には正しい香酢の摂りかたも考えてみたいものです。



香酢と有機酸 / 香酢とグルコン酸 / コハク酸 / 香酢とリンゴ酸 / 香酢のクエン酸効果 / 香酢の酢酸効果

スポンサードリンク


香酢 最新一覧 By 楽天










×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。