香酢とシスチン 香酢.com

スポンサードリンク

香酢とシスチン

香酢には、アミノ酸のシスチン (cystine)が含まれています。シスチンとは、非必須アミノ酸のシステインがジスルフィド結合により2分子結合した非必須アミノ酸です。



ジスルフィド結合は、切断と結合が容易に行われることから、シスチンとシステインは体内において相互変換が容易に行われます。



システインは、イオウを含んだアミノ酸(含硫アミノ酸)のひとつで、必須アミノ酸のメチオニン / から体内で合成できます。



シスチンとシステインは、ケラチンというたんぱく質を構成するアミノ酸として髪や爪に多く含まれています。髪を燃やすと悪臭がするのは、これらが含んでいるイオウによるものです。



これらは、皮膚代謝などに深く関与する代謝酵素を活性化させる働きを持ち、肌の角質層などにも多く含まれています。抗酸化作用のある「システインペプチド(グルタチオン)」の供給源ともなります。



シスチンには、シミの原因となるメラニンの生成を抑える効果があり、傷の回復の促進や、細胞を傷つけ病気を引き起こす活性酸素の解毒、体内のブドウ糖の代謝を高める働きがあるとされています。



香醋 最新一覧 By 楽天



香酢とアミノ酸 / 香酢とバリン / 香酢とロイシン / 香酢とイソロイシン / 香酢とリジン / 香酢とメチオニン / 香酢とフェニルアラニン / 香酢とスレオニン / 香酢とヒスチジン / 香酢とシスチン / 香酢とチロシン / 香酢とアルギニン / 香酢とアラニン / 香酢とアスパラギン酸 / 香酢とグルタミン酸 / 香酢とグリシン / 香酢とプロリン / 香酢とセリン

スポンサードリンク


香酢 最新一覧 By 楽天










×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。