香酢とヒスチジン 香酢.com

スポンサードリンク

香酢とヒスチジン

香酢には、ダイエット効果があるヒスチジンが米酢の約15倍含まれています。ヒスチジン (histidine) は、必須アミノ酸のひとつで、脳に運ばれるとヒスタミンに変化します。ヒスタミンは、鼻づまりの原因物質で、花粉症などのアレルギー症状を引き起こすことで知られていますが、脳内では、満腹中枢を刺激して過食を防ぐ作用があります。



香酢を摂取するとヒスチジンが、血液によって脳に運ばれ、脳内で変換酵素(ヒスチジン脱炭酸酵素:HDC)によりヒスタミンに変化し、満腹中枢の一つであるヒスタミンニューロンに作用すると考えられています。



ヒスタミンは、さらに、交感神経を刺激して、肝臓などでの脂肪の代謝を活発にする作用があります。したがって、脳内にヒスタミンが充分に存在することはダイエットには有効なことといえます。



ヒスタミンを脳内に増やすには、咀嚼することも効果的とされています。また、ヒスタミン、そのものを摂取しても脳の血液脳関門を通過することが出来ないために、血液脳関門を通過できるヒスチジンを香酢で摂取することは、効果が高いといえます。



ヒスチジンは、香酢以外にも、カジキマグロ、マグロ、サバ、イワシ、アジ、サンマなどの刺身・干物に多く含まれています。また、鶏肉、ハム、チェダーチーズ、ドライミルク、などにも含まれます。また、ヒスチジン摂取による肥満防止作用には動物実験では性差があり、雌性の方が雄性よりもその効果が顕著であるとの報告があります。



ヒスチジンは、乳幼児の成長に必須なアミノ酸でもあります。ヒスチジンは、ヒスタミンに変換されることによって、神経機能にはたらくと言われています。動物実験では、脳の神経に作用して集中力・記憶力を高める作用があるとされています。



ヒスチジンには抗酸化作用も知られていて、ある種の酸化ストレス(虚血再灌流障害)を抑制する効果があるとされています。また、インスリン分泌亢進といった作用も報告されていて、慢性関節炎の症状緩和、性的エネルギーを促すはたらきも期待されています。



香酢に含まれる酢酸は、肝臓での脂肪の吸収を抑制する働きがあります。さらに、アルギニン・リジン・グルタミンを含んでいますが、これらは、脳下垂体の成長ホルモンを刺激し、脂肪細胞中の体脂肪を分解し血液中に遊離脂肪酸として放出するのを促します。



脂肪分を細胞の燃焼する場所まで運ぶのがカルニチンです。カルニチンは、香酢に含まれるアミノ酸のメチオニンとリジンから作られます。カルニチンで運ばれた脂肪分はさらに小さな物質になりクエン酸サイクルに取り込まれます。



そして、香酢に含まれる、アラニン・アスパラギン酸は、クエン酸サイクルの大切な構成物であるオキサロ酢酸へと変換されることで、クエン酸サイクルが円滑に行われ脂肪の燃焼が促進されダイエット効果が得られます。



香酢は、ヒスチジンなどを含むことでダイエット効果があるといえます。ダイエットに有効な摂取量ですが、食事ごとに大匙1杯がおススメです。



香酢とアミノ酸 / 香酢とバリン / 香酢とロイシン / 香酢とイソロイシン / 香酢とリジン / 香酢とメチオニン / 香酢とフェニルアラニン / 香酢とスレオニン / 香酢とヒスチジン / 香酢とシスチン / 香酢とチロシン / 香酢とアルギニン / 香酢とアラニン / 香酢とアスパラギン酸 / 香酢とグルタミン酸 / 香酢とグリシン / 香酢とプロリン / 香酢とセリン / 黒酢と酢酸

スポンサードリンク


香酢 最新一覧 By 楽天










×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。