香酢の効能 香酢.com

スポンサードリンク

香酢の効能

香酢には様々な効能・効果があるといわれています。そのひとつに、血行改善効果があります。香酢が含む、アミノ酸のアルギニンは、一酸化窒素を作り出すことで血管を拡張し血流を改善する効果があります。



さらに、香酢の色素成分である、メラノイジンには、赤血球変形能改善作用があり、赤血球を変形させ易くすることで細い毛細血管にも容易に赤血球が届くことができるので血行をよくする効果を得ることが出来ます。



香酢は酢酸を含んでいます。酢酸は、高血圧の人の血管に入るとその細胞のエネルギーとして使われアデノシンを作ります。そのアデノシンが血管の壁に張り付いて結果、血管を拡張させるとされています。香酢の持つ、これらの作用が相乗的に働くことで、香酢を摂ることが、血流の改善効果を生むと期待できるんです。



血行が悪いと体内の老廃物の処理が滞ります。たとえば、体内には血液量の3倍も存在する細胞外液という細胞の周りの液があるんですが、そのpHは7.4〜6.8と変動が大きいことが知られています。



体液は通常はpH7.4程度で安定しています。それは、細胞が活動するには最適な環境でもあるからです。それが、血行やリンパ液の流れが悪くなると細胞の排出する酸性物質を運び出すことが出来なくなり、酸性物質が細胞の周りに滞留することでpH6.8と酸性方向に傾いてしまいます。この状態は細胞にとってはとても活動しづらい状態であり、肩こりなどの症状もこれが原因です。



香酢の酢酸クエン酸は体内で分解されることで、尿などをアルカリ性にしてくれます。ですから、酸性に傾いた体液などを直接アルカリ性にしてくれます。したがって、香酢を摂ることは、血行を改善するなどして酸性に傾いている体内環境をアルカリ性にすることで、細胞を元気にし、さらに豊富なアミノ酸を含むことで人が本来持っている自然治癒力が働く環境を整えてくれます。



香酢が、疲労回復、肝機能の促進、集中力アップ、ダイエット効果、そして、糖尿病、痛風などに効果があり、さらには便秘や美容にも効果があるとされるのも、血行改善効果など酢酸やクエン酸そして各種アミノ酸などが相乗的に働くことでもたらされる作用によるものといえます。


香酢の効能 / 香酢と痛風 / 香酢と貧血予防 / 香酢と脂肪肝予防 / 香酢と血行改善効果 / 香酢と精力回復 / 香酢と糖尿病 / 香酢と美肌効果 / 香酢と高血圧症 / 香酢とダイエット効果 / 香酢と冷え性 / 香酢と疲労回復 / 香酢とがん / 香酢でしっとり肌? / 香酢で便秘解消? / 香酢でダイエット? / 香酢は肩こりに効果あり?


香酢と有機酸 / 香酢とグルコン酸 / コハク酸 / 香酢とリンゴ酸 / 香酢のクエン酸効果 / 香酢の酢酸効果


香酢とポリフェノール / 香酢とカフェ酸 / 香酢とクロロゲン酸 / 香酢とバニリン酸 / 香酢とフェルラ酸 / 香酢とシナピン酸



香酢とアミノ酸 / 香酢とバリン香酢とロイシン香酢とイソロイシン香酢とリジン香酢とメチオニン香酢とフェニルアラニン香酢とスレオニン香酢とヒスチジン / 香酢とアルギニン香酢とグリシン香酢とアラニン香酢とセリン香酢とチロシン香酢とプロリン香酢とアスパラギン酸香酢とグルタミン酸

スポンサードリンク


香酢 最新一覧 By 楽天










×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。